中古車査定Q&A

買取りと下取りのちがいとは?どっちが得?!

中古車

ガリバーなどの中古車買取り業者が行なっている「買取り」、 販売店やディーラーが行なっている「下取り」のちがい、分かりますでしょうか。

下取りは、車を購入するときに買い取ってもらい、差額を支払うことをいいます。 つまり、ディーラーは車を売る交渉をしているときに、
その売った車が古くなったあと 買う交渉も同時にしているということですね。

値引きをあまり行なわず、「下取り車を高くします」というディーラーの話をよく聞きます。 下取り価格を正しく知りたいときには、車を購入する前に「下取りなし」でまずは値引き交渉しましょう。 その後、下取りがあるときの価格を聞きだしましょう。

買取りと下取り価格を比較すると、けっきょくは買取り価格が高いそうです。

なぜなら、販売店やディーラーが下取りした中古車は 中古車展示場で販売されるのにくらべ、中古車買取り業者は買い取ったあと すぐに自社ネットワークやオークションで販売します。市場の人気にマッチした値段をつけるわけです。

なので、下取りよりも高い金額で買い取ることができるのです。
この理由から、下取りよりも買取りのほうがお得なのが分かります。

査定の前には、車検は受けておいたほうがいい?

車検費用にかかる金額は、査定額に影響しません。
車検が切れていたり期限がせまっている車でもそのまま査定に出しましょう。

車体にキズやへこみがあるんだけど・・・?

修理に出さずにそのまま査定しましょう。修理をしたからといって、査定額はアップしません。 逆に修理代がかかってしまいます。 査定では、キズやへこみなどは見ず、車類の人気度や経過年数といった市場価値を全体的に検討して買取額を決めます。

パーツ交換した部分がある

パーツ交換した部分を、純正品に取り替える必要はありません。
しかし、取り替えた純正品は保管しておくようにしましょう。
純正品がないと査定額が減額されることがあるからです。

ローンがまだ残っているんだけど・・・?

ローンが残っていても売却できる中古車買取り業者があります。
それはガリバーです。ガリバーでは、ローン算積を新たに組みなおせるローンプランがありますので、 ローンが残っていても買い取ってくれるのです。

事故歴があるんだけど、だいじょうぶ?

事故車

事故歴はまとめておき、かならず伝えるようにしましょう。 正しい情報を伝えることで信頼感が生まれ、のちのトラブルの防げます。
事故歴があるのを隠すと、ばれたときに業者から解約されたり、 キャンセル料を請求されることがあります。

廃車・事故車・過走行でも売れる・・?

処分に費用がかかるといわれている廃車や事故車。 廃車・事故車を査定して買い取る業者もあります。 部品取り引きで100万円といった高値で売れることもあります。 あきらめずに査定にだしてみましょう。
査定業者によっても、査定価格が変動します。 廃車・事故車についても複数の業者へ査定を申し込みすることをおススメします。 廃車・事故車・過走行の査定でおススメなのはカービュー事故車査定です。
※軽度の修理で自走可能な車は、廃車・事故車ではありません。通常の査定でOK。

Copyright (C) 2008 中古車買取査定ガイド. All Rights Reserved.